simフリーのデータ通信プラン

 

携帯電話大手三社で一般的にスマートフォンを契約すると月額7000円以上かかるプランがほとんどですが、格安スマホとして出されているものの中で、データ通信がメインとなったプランでは、1000円程度で契約できるプランも存在します。

 

特に、通話はほとんどしないといったユーザーにとっては、このデータ通信プランは大きな恩恵を受けられるサービスです。

 

概ね通信データ量に比例して料金が高くなることが多いですが、最安価なものだと1000円未満で契約しつつも月に2GB程度使えるプランもあるなど圧倒的な安さが魅力です。また、低速〜中速ながら通信量無制限など大手にはないプランがあるなど選択肢も豊富です。

 

2015年5月現在、大手携帯電話3社以外の格安スマホや格安simカードの回線はほとんどドコモの回線を利用しています。使用可能なエリアはドコモのエリアと同じだと思って良いでしょう。

 

格安スマホとして契約した場合は気にする必要はありませんが、使われるsimカードがドコモのものなので、ドコモのsimロックがかかったもの(一部使用不可)もしくはsimフリーの機種を用いて利用することになります。また、ドコモの電波で使えるモバイルルーターを利用するのも良いでしょう。

 

格安プランでタブレット

 

simカードの価格はこのところ安くなっており、さまざまなところから格安プランが出ています。このため、最近はタブレット端末や複数のスマホに対しても使えるようになりました。

 

特にタブレットの場合は通信の際に通話は使わないかインターネット通話を行うでしょうから、そこまでsimカードのサービスも格安でもいいかもしれません。動画などを見るのなら通信料がそれなりにかかるので、なるだけ通信の単価が安いものを選ぶほうがいいでしょう。

 

格安タブレットの中にはsimカードとセットの物もあります。もちろんタブレットは様々な大きさがあるので用途もいろいろなものがあるかもしれません。

 

実際、用途としては様々なものがあるので、格安端末でも高機能な端末でもいいでしょう。ただ、タブレットの場合は用途を明確にすして、その上でどのくらいの通信料がありそうかを考えてみてもいいでしょう。場合によってはWi-Fiとの併用を考えたほうが安くなるかもしれません。

 
  • 2015/06/27 02:48:27